0598-31-1809受付時間:AM9:00〜PM7:00(土日6:00) 
休診日:木曜・第四日曜・祝日

香肌文庫 第166回 運気を上げる方法2

鍼灸治療とは結局のところ、現在の季節に体を同化させるということです。私たちの体は夏には夏に合った体、冬には冬に合った体に変化しており、それが疲労や不自然な生活をすることで体が季節とズレてしまい、体調不良が生じるわけです。
私は東洋医学の延長で易学に興味を持ち、たまには人様を鑑定したりもするのですが、健康も運勢も同じだなあと感じています。冒頭で健康とは現在の季節に同化することであると説明しましたが、運勢も同じで、現在の旬のものに興味を持つことが大事なのです。例えば今年はラグビーが今までになく盛り上がりました。
そんな中「にわかファン」などと揶揄される方々もいましたが、「にわかファン」になれる人たちは大方が
明るくて幸せな人が多いですね。「俺はそんなもん興味ない!」とペースを崩さない人はブレないなどと賞賛されたりしますが、陰気であまりパッとしていません。私もそのタイプです…。ただし人それぞれの格好なので良否はありませんが。
それはともかく、「にわかファン」「ミーハー」、馬鹿にしてはいけません。この人たちこそ世を明るく幸せに、そして健康に生きる達人です。

運気とはエネルギーなので強い方から弱い方へ流れます。ですから最近ついてないなあ~、元気が出ないなあ~、という人は、旬の芸能人を追っかけたり、待ち受け画面にしたり、身近にいる運勢の強い人や最近ツイているという人に接近すれば運気がもらえます。
また、来年は子年なので、ねずみの置物や飾りをすることも運気アップにつながります。
方位学でもその年の十二支がいる方角を歳徳とし、万人共通の吉方位としています。子の方角は北なので来年
は北が歳徳となります。ちなみにその反対の南は歳破といわれ、万人共通の凶方位となっています。

さて、今年も最後の香肌文庫となりました。いよいよ来年は東京オリンピックですが、色々な「にわかファン」になってワ―ワ―騒いでみようかなあ~。皆さまも良い年を迎えてください。ありがとうございました。

2019.12.1

営業日カレンダー

×

※第四日曜日は休みとなります

お問い合わせフォーム

鍼灸専門カササギ堂

〒515-0073
三重県松阪市殿町1540-37
TEL 0598-31-1809