本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0598-31-1809

〒515-0073 三重県松阪市殿町1540-37

上実下虚(高血圧) 


 今季の冬は厳しい寒さの日が多く、当院も暖房を強でフル回転といった日々

 が続きました。しかし、暖房とは厄介なもので、暖めど暖めど熱気は天井に昇

 ってしまい、足元はいつも冷え冷えです…。さて、私達の体がこのような部屋

 の状態になってしまうことを東洋医学では 「上実下虚」とか「逆気」と言い、

 万病の元とされています。冷えるだけでなく、疲労が重なり抵抗力が弱まって

 も起こります。上実下虚の症状は、単に足腰が冷えて顔がのぼせるといった軽

 いものから頭痛、肩こり、高血圧、顔頭の吹出物、歯痛などがあり、脳溢血など

 は最も重症なものと言えます。いずれにしても対処・予防は下半身の血行をよく

 し、冷やさないようにすることです。

 鍼灸も主に足腰に施術をします。そうすれば上半身はクールダウンします。

 本来健康な体というものは、昇ろうとする熱気を引き下げ、下降する冷気を押し

 上げるという力があります。これが抵抗力であり、生命力の姿なのです。

 俗に頭寒足熱とも言います。