本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0598-31-1809

〒515-0073 三重県松阪市殿町1540-37

健康維持 季節と体の関係 


 二週間に一回鍼灸を受ければ健康でいられますよ。」比較的元気な方にはこう

 言っています。別に商売しているわけではありません。それではなぜ二週間なのでしょうか?

 実は二週に一度の割合で体調の悪化しやすい時が巡って来るのです。その正体は「二十四

 節季」といわれるものです。私たちは普通季節というと春夏秋冬の四つ以外に考えません

 が、自然界の大気の変化をさらに細かく分けたものが二十四節季です。つまり、実際の季節

 は二十四あると考えて下さい。季節の変わり目に体調を崩しやすいことは皆さんも認識して

 いると思います。この季節の変わり目、体調悪化のピンチが一年に二十四回やって来るので

 す。日付は以下の通りです。


 (平成18年の二十四節季 ※年により1、2日のずれがあります。)

 小寒(1/5) 大寒(1/20) 立春(2/4) 雨水(2/19) 啓蟄(3/6) 

 春分(3/21) 清明(4/5) 穀雨(4/20) 立夏(5/6) 小満(5/21) 
 
 芒種(6/6) 夏至(6/21) 小暑(7/7) 大暑(7/23) 立秋(8/8)
 
 処暑(8/23) 白露(9/8) 秋分(9/23) 寒露(10/8) 霜降(10/23)

 立冬(11/7) 小雪(11/22) 大雪(12/7) 冬至(12/22)



 このようにおおよそ二週に一度季節は変わっているのです。「暦なんて迷信だ!」と言われる

 方もいますが、実際に観察していると驚嘆するほど正確に作られています。例えば、春分の

 日を境に急に寒さが緩んだり、立夏になったとたん夏らしくなったりする経験があるかと思い

 ます。そして、体調もこの二十四節季のいずれかを節目に悪化したり、快方に向かったりしま

 す。各節季は悪化の節目でもあると同時に、快方に向かう節目でもあるのです。冬に流行る

 風邪も観察していると、いずれかの節季に流行りだし、後の節季のいずれかを節目に下火と

 なっていきます。このように体調の変化しやすい二十四節季を上手く体が乗り切れるように、

 二週に一度の施術をお勧めしているのです。もちろん疲労の強い時や症状のつらい方はも

 う少し回数を増やします