鑑定の一例
 
 Q
:今お付き合いしている男性と結婚した場合、どのような事をわきまえれば良いですか?

 A:相手の男性は子年生まれのため、非常に血族主義的なところがあります。
 このため、結婚後も自分の親兄弟を気にかけ、何かと心配をします。
 もし嫉妬深い妻であれば寂しい思いをすることもあります。
 しかし、このタイプは非常に家庭的でもあり、仕事よりも家庭を優先にします。
 決して妻や子供をないがしろにするわけではありません。子煩悩でもあり、子供が出来た
 とたん子供の事を優先してしまう妻に対して不満を持つ夫が多い中、このタイプの男性は
 むしろそれを歓迎し、自分も一緒に子供の面倒をみようとするところがあります。

 注意点
 1、口が裂けても夫の実家や親兄弟の悪口を言わないこと。
 2、夫の両親を大切にすることによって増々妻を尊敬し、好意を持つところがある。
  そのため、両親に時々プレゼントを送ってあげたりすることもよい方法である。
 3、質素で贅沢は言わない方だが、部屋が散らかっていたりすることをとても嫌う。
  等々

 人は生まれながらに個有の天性を持っています。「こうあるべきだ」「これが正論だ」
 と思ったところで、物差しは人それぞれです。相手の隠れた天性、そして自分の天性
 を知ればお互いを尊重できることに干支学や気学の価値があります。

 松阪市 鍼灸カササギ堂